夢幻工房ロゴ 劇団夢幻工房オフィシャルサイト

MAプログラム講師紹介


重野 良子 バレエ

重野 良子(しげの ながこ)

略歴
1972年 朋友バレエ指導者として現在に至る。
1982年 英国ロイヤルアカデミーオブダンス(RAD)教師資格取得
      社団法人 日本バレエ協会甲信越支部副支部長
      日本ジャズダンス協会会員

全てのダンスの基本は、クラシックバレエ。
最初の一歩は正しい立ち方から始めます。
バレエのポジションを身につけることにより正しい姿勢、理想の身体を作ります。
レッスンを通して精神面、肉体面のコントロール、踊る楽しさ、喜び、かつ劇空間夢幻工房の皆様のお力になれば幸いです。
どうぞ宜しくお願いします。



miyu*
声楽

miyu*(ミユ)

略歴
ヴォイストレーナー。
クラシックやポピュラーから J-POPまで
ジャンルを越え さまざまな場所で
ヴォーカリストとして幅広く活動中。




鈴木 一衣 ジャズダンス

鈴木 一衣(すずき かずい)

略歴
朋友バレエに Jazz Danceを習い、その後Jazz Dance Classの講師となる。
教えるかたわら、年に数回LA、NYに勉強の為渡米。
その後フリーとなり、同バレエ団の他、スポーツクラブでもJazz Danceを教える。
また、Dance Tipsというユニットを結成し、ライブハウスやイベントに出演




君島翔太郎 合気道

君島 翔太郎(きみしま しょうたろう)

略歴
公益財団法人合気会 三菱合気道部長野支部 所属
塚田國之六段の指導の下で研鑽を積む
現段位 参段




岩間健児 声優

岩間 健児(いわま けんじ)

略歴
NPO法人劇空間夢幻工房理事

2000年から2011年まで東京にて舞台役者をしていた 傍ら、当時の所属事務所のマネージメントを受けつつ、数々のアニメーションに声優として出演
過去の出演歴(Wikipedia)




青木 賢治 殺陣アクション

青木 賢治(あおき けんじ)

略歴
NPO法人劇空間夢幻工房理事

野外劇や劇団本公演にて数多くの殺陣を経験
劇団内において殺陣の振り付け・指導を行なっている





saria HIP HOP(ヒップホップダンス)

saria(サリア)

略歴
NPO法人 劇空間夢幻工房 理事

高校から東京に上京しdance&ミュージカル、バックダンサー、ショーダンサーを経験。
夢幻工房入団後は、様々なダンスシーンで活躍。キレの良いダンスに定評がある。
小布施☆キッズシアター「おぶせうた☆Mix Performance」にてダンス振付及び指導を行い、
シンガーソングライター清水まなぶさんのライブ「Sweet valentine 2016」にて
フラッシュ・モブのダンス振付を行い好評を博す。





青木由里 日本舞踊
青木 由里(あおき ゆり)

略歴
小学6年生の時、花柳流に弟子入りするが、一身上の都合により一年で断念。
16歳で藤間流に入門。4年間、稽古を積みながら、日舞の舞台に立つ。
その後、結婚・子育てによる10年のブランクを経て、故藤間伊千康師範と出会い、お稽古を再開。お師匠さんの付き人をさせて頂く傍ら、多数の舞台に立ち実績を積んだ。

目的は、日本古来の所作や日本人に合う身体表現の習得です。
初心者向けの舞踊の振り付けを覚えて頂く中で、
腰の入れ方、すり足、扇の扱い方、所作などが身につきます。
また、日常あまり着る機会のない着物の着付けやたたみ方も覚えられます!
和装は日本人の文化ですから、ぜひ多くの皆さんに体験して頂きたい講座ですね。

気軽に日舞を体験できる又とないチャンスです!
あなたもでチャレンジしてみませんか?



青木由里 表現としての演劇
青木 由里(あおき ゆり)

略歴
・NPO法人劇空間夢幻工房理事長
・日本演出者協会会員
・長野市芸術文化方針審議会委員
・中野地域職業訓練センター 非常勤講師
・「表現とコミュニケーション」ワークショップ講師

小学校4年で「日本児童劇団」に入団。
中学、高校演劇部部長として活躍。
高校2年より「劇団東俳」に入団。
舞台に主役に抜擢され、多数の舞台に出演。劇団員に昇格した。日舞やダンスにも励む。
結婚を機に退団。
10年前長野へ。同時に「劇団くるま座」に入団。
9年間、活動し平成11年10月退団し、現在に至る。

まさに、演劇どっぷりの人生。男児2人の母でもある。

セリフを言うことよりも、まず、人前で体がリラックスした状態になれること。
いかに自分を開放してやれるかという実験を行います。
基本は楽しむこと。

これは、すでに演劇を志している人にも重要なことです。
他劇団の皆さんも自分自身を再度発見するために参加してみませんか。

<基本は楽しむこと。自分の肉体を知ること>
演劇なんて恥ずかしい、ステージに立ってセリフを言うことなんて出来ない、人前で何か表現するのが苦手と思っているあなた。
人間は、普段の生活でもいつのまにか演じているものなのですよ。
しかし、意識したとたん出来なくなる。
不思議ですね。

他者と関わりながら生きている以上、表現することは必要だし、表現しなければ相手に何も通じない。

MAプログラムでの「演劇」の時間は、舞台公演に向けてというよりも、それ以前の演劇人として必要不可欠だと思われる自分自身の体のしくみをしり、肉体の動き方、声の出し方等を確認しつつ、時期をみて舞台公演につなげていく予定です。

表現することとは何かを徹底的に追求する。
自分の肉体をまず知ること。わかっているようでわかっていないものなんだな、これが。



坂本 真由美 表現としての演劇

坂本真由美(さかもと まゆみ)

略歴
NPO法人劇空間夢幻工房理事

2002年劇空間夢幻工房に劇団員として入団。
以来、劇団主催公演にほぼ出演し、多数の公演において主演を演じ好評をいただく。
表現&コミュニケーションワークショップのサポート講師&代講を行い実績を積む。
身体のキレの良さはピカイチ。丁寧な指導に定評がある。





△このページの先頭へ
Copyright © 1999.11- Gekikuukan Mugenkoubou All rights reserved.